トップページ

コンサート情報

トピックス

概要

KMFミュージックフレンズ

CDメディア

リンク

 ホーム(ニュース) > インターナショナル レポート > 根津理恵子のポーランド通信

最終回  『ワジェンキ公園とノクターン』

第19回 『コンサートはお話し付きで』

第18回 『マズルカ…?ポロネーズ…?』

第17回 『ジュネーブ・国際連合欧州本部リサイタル〜2010年ショパン生誕200周年へ向けて〜』

第16回 『HANAMI@ワルシャワ大学』

第15回 『Nowy Rok(新年)』

第14回 『ショパンと彼のヨーロッパ』

第13回 『1810年3月1日』

第12回 『ワジェンキ公園』

第11回 『ふしぎの国ニッポン』

第10回 『手づくり最高!!!』

第9回 『同居生活』

第8回 『恐怖体験』

第7回 『初レコーディング記』

第6回 『カワイコンサート2006!』

第5回 『キケンな美味』

第4回 『おおらか?ズボラ?』

第3回 『ご当地コンサート!』

第2回 『偉大なる自然、人々から学ぶ』

新連載 『新しい体験』

 

根津理恵子さん(05年ショパン国際ピアノコンクール ・ファイナリスト)の「ポーランド滞在記」を
シリーズでお届けします。


根津理恵子(ねづ・りえこ)Profile

1994年第27回カワイ音楽コンクール全国大会第1位大賞。1995年第19回ピティナ・ピアノコンペティション特級全国決勝大会銀賞。1996年、KIL(スウェーデン)国際ピアノコンクールにて優勝。2004年、第6回パデレフスキ国際ピアノコンクール第4位、及びパデレフスキ作品最優秀演奏賞。2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクールにおいてファイナリスト名誉表彰を受ける。
2002年からカワイ音楽振興会主催による「根津理恵子リサイタルシリーズ・ショパンをめぐる作曲家たち」を継続中。2007年、第24回ヴァルデモサ・ショパンフェスティバル(マヨルカ島)に日本人ピアニストとして初めて招待されリサイタル開催、好評を博す。
現在、シャネル銀座主催「CHANEL Pygmalion Days」の2008年アーティストとしても活動中。
日本とポーランドをはじめ、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開している。
東京芸術大学卒業後、ポーランド政府給費留学生としてビドゴシチ音楽アカデミー研究科修了。
これまでに、金子勝子、杉谷昭子、播本三恵子、迫昭嘉、ダン・タイ・ソン、故ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、エヴァ・ポブウォツカの各氏に師事。
公式ホームページ:http://www.path.ne.jp/rieko-pf

 

 ホーム(ニュース) > インターナショナル レポート > 根津理恵子のポーランド通信