トップページ

コンサート情報

トピックス

概要

KMFミュージックフレンズ

CDメディア

リンク

 ホーム(ニュース) > 公開講座シリーズ > 松本和将のロシア名曲選

ピアニスト 松本和将のロシア名曲選
〜レクチャー&コンサート Vol.1(全5回)〜

ピアニスト 松本和将氏による、
待望のレクチャー&コンサートシリーズ第4弾!

ロシアの名高いピアノ作品を取り上げます。コンサートやCDで聴くことはあっても、実際にはどうやって演奏をしたら良いか、またどのように解釈をしたら良いか迷う事が多いロシア作品。その演奏法については、まだまだ未知数です。

このシリーズでは、松本和将氏とその謎に迫っていきます。また、2回のレクチャーで取り上げた曲目は、コンサートでもお楽しみ頂けます!

 

 

【レクチャー】

第1回 2018年9月21日(金) 10:30〜12:30  開催レポートはこちらから
♪チャイコフスキー 「四季」「ドゥムカ」「ピアノ協奏曲」

ピアノ協奏曲、世間では難曲のように思われていますが、弾くということだけを考えれば、僕にとっては最も練習のいらない協奏曲です。最初に弾いた時はものすごく難しかったはずなのですが、いつの間にか簡単な位置づけの曲になっていました。チャイコフスキーの奏法が身に付いたのと、ちょっとしたコツのようなことがわかってきたんだと思います。この曲で苦しんでいる人も沢山いらっしゃると思うので、その助けになればと思います。

松本和将

第2回 2018年11月8日(木) 10:30〜12:30 
♪ムソルグスキー「展覧会の絵」

ラヴェル編曲のサウンドがあまりにも印象的ですが、あのサウンドはムソルグスキーのキャラクターとは随分違うものだと言う事はずいぶん前から言われており、また、他の作曲家による編曲もたくさん存在します。それにもかかわらずほとんどのピアニストがラヴェルのイメージが抜けきらないままに演奏しているようです。レクチャーでは、ほぼ同じ時期に作られた「ボリス・ゴドゥノフ」等のサウンドを参考にしながら、ムソルグスキーが求めたものは何だったのか、そしてそれをピアノで作り出すにはどうしたらよいか、ということを検証したいと思います。

松本和将

【コンサート】

2018年12月6日(木) 10:30開場 11:00開演 
♪チャイコフスキー 「四季」より抜粋、「ドゥムカ」
 ムソルグスキー 「展覧会の絵」

会場:カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」
入場料(全自由席):各回 一般3000円 カワイ会員2500円 学生2000円
             レクチャー2回&コンサート セット券 7000円

PROFILE

松本 和将 Kazumasa Matsumoto(ピアノ)

幼い頃よりピアノに目覚め、高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクールで上位入賞。1998年19歳で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。2001年ブゾーニ国際ピアノコンクール第4位、2003年エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位入賞。これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。2009年から3年連続のオールショパンプログラム全国ツアーを行い、2016年より「松本和将の世界音楽遺産」と名付けたリサイタルシリーズを開始。室内楽にも積極的に取り組み、イザベル・ファウスト、前橋汀子、宮本文昭など多くの名演奏家と共演。2010年より上里はな子、向井航とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島を始めとする6都市で全国ツアーを行い、2016年には京都フィルとベートーヴェンの三重協奏曲を共演。これまでに2枚のレコード芸術特選盤(「展覧会の絵」「後期ロマン派名曲集」)を含む18枚のCDをリリース。東京芸術大学非常勤講師(2008〜2012)、くらしき作陽大学特任准教授、名古屋音大ピアノ演奏家コース特任准教授として、後進の指導にもあたっている。
公式HP:http://www.kaz-matsumoto.com
公式ブログ:http://www.kaz-matsumoto.cocolog-nifty.com

主催/カワイ音楽振興会
後援/在日ロシア連邦大使館、(株)河合楽器製作所、カワイ音楽教育研究会
お申込み・お問い合わせ/カワイ音楽振興会 03-5485-8511

 ホーム(ニュース) > 公開講座シリーズ > 松本和将のロシア名曲選