(株)河合楽器製作所旧関東支社の移転に伴い日本シマノフスキ協会の事務所も6月6日に移転致しました。
《新住所》
日本シマノフスキ協会
〒140-0002
東京都品川区東品川4-10-27住友不動産品川ビル2F
TEL. 03-6718-4239  FAX. 03-6712-4013

公演記録・例会


【東京藝術大学 クラウドファウンディング】
知られざるシマノフスキの魅力を日本で。デュオ・リサイタル開催!
この公演は、藝大のクラウドファウンディングが設定され、
6月30日までに150万円のご支援が集まれば成立となります。
ぜひご参加いただければ幸いです。
詳細はこちらから
「東京藝術大学学長でヴァイオリニストの澤和樹氏と、大学院生でピアニストのイグナツ・リシェツキさんによるデュオ・リサイタルです。
シマノフスキの生涯と音楽についての講義とともに構成される藝大でも初となる試み。
この機会に日本ではまだあまり知られていないシマノフスキの素晴らしい音楽を堪能してください。」
■開催日時:2017年9月3日(日)14:00〜17:00
■開催場所:東京藝術大学音楽学部第6ホール(〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8)
■講演:シマノフスキの遺したもの(仮題)(講師:ダニエル・チヒ)
■演奏:シマノフスキ (ヴァイオリン:澤 和樹 / ピアノ:イグナツ・リシェツキ)
■曲目
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ニ短調 Op.9
ヴァイオリンとピアノのための「神話」 Op.30
ヴァイオリンとピアノのためのロマンス Op.23
ノクターンとタランテラ Op.28  他
■主催:東京藝術大学
■後援:日本シマノフスキ協会

2012年11月21日(水) 19:00開演( 18:30開場)
日本シマノフスキ協会 第26回例会
シマノフスキの夕べ
〜ピアノとヴァイオリンによる〜
木田左和子 (ピアノ) 澤 和樹 (ヴァイオリン)
会場:
カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ 」
全席自由 4,000円 完売御礼

詳細はこちらから チラシ 開催レポートはこちらから

好評のうち終了いたしました。


音楽現代にて「特別企画」<カロル・シマノフスキ〜生誕125年&没後70年記念>

として、11月号に、以下の記事が掲載されます。

内容 
・シマノフスキと出会う道<関口時正>
・P・アンデルシェフスキ、シマノフスキを語る<聞き手:武田奈菜子>
・シマノフスキのショパン<関口時正>
・オペラ「ルッジェーロ王」の魅力<重川真紀>
・シマノフスキと私<蛯原真理>
・シマノフスキのCD<獅子寅之介>

定価960円 発行日10月15日 書店店頭にて販売


日本シマノフスキ協会

概要(日本シマノフスキ協会の成立)

 1981年、日本シマノフスキ協会は、ちょうどシマノフスキ生誕100年記念の1年前に設立された。
 カロル・シマノフスキ(1882〜1937)は、ショパンとともにポーランドを代表する作曲家として、当時、国際的にもあまりよく知られていない作曲家シマノフスキを世に広めたいというポーランドと、戦前(1939年《協奏交響曲》その他の作品)シマノフスキの作品を日本初演したことのある故井口基成氏の思いが重なり、1981年10月6日駐日ポーランド大使館にて設立パーティを開催。初代会長「故井口基成氏」、その後「故寺西春雄氏」が会長を務め、現在は会長職を置いていない。
 シマノフスキは、ポーランドを代表する作曲家としてショパンと並び称されるには、幾つかの理由があるが、最大の理由は、彼の後期の作品がポーランドの山岳地帯の古い形の民謡をもとに傑作を生みだしたことによる。

 事務局
日本シマノフスキ協会
〒140-0002 東京都品川区東品川4-10-27住友不動産品川ビル2F
TEL. 03-6718-4239  FAX. 03-6712-4013
日本シマノフスキ協会代表:田村 進  事務局:深町建男・徳増尚子