トップページ

コンサート情報

トピックス

概要

KMFミュージックフレンズ

CDメディア

リンク

 ホーム(ニュース) > カワイコンサート > カワイコンサート2019 > 安並 貴史 & 務川 慧悟 ピアノ・ジョイントリサイタル

カワイコンサート NO.2293
安並 貴史 & 務川 慧悟 ピアノ・ジョイントリサイタル
2019年9月24日(火) 開演19:00 開場18:30
会場:アクトシティ浜松 中ホール(浜松市中区板屋町111-1)

全自由席:一般券 2500円 ペア券 4000円 学生・会員券 2200円
 
 (チケットは6月1日より発売開始予定)

安並 貴史 (C)浜松国際ピアノコンクール

務川 慧悟 (C)浜松国際ピアノコンクール

PROGRAM
【安並貴史】
リスト :超絶技巧練習曲より 第9番「回想」 
バルトーク :戸外にて
ドホナーニ :コッペリアワルツ 
ドホナーニ :4つのピアノ曲 作品2より 第3番、第4番
【務川慧悟】
バッハ : カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」 変ロ長調 BWV992 
ラヴェル : ソナチネ 
ラフマニノフ :楽興の時 Op.16 より 第2・3・4・6番
※曲目・曲順は都合により変更される場合がございます。

Pianist Message

昨年の11月、私はこのアクトシティの舞台に立っていました。思い返すとたった一月でしたが、私にとっては時間では例えようのない経験を味わえた大切な期間でした。あれから約一年が経とうとし、私が在籍する博士後期課程も半分が過ぎようとしています。私が研究しているドホナーニも、この浜松の地で大きな反響を得ることができました。本日はハンガリーの作曲家のプログラムです。ドホナーニのピアノ書法に影響を与えたリストと、道は違えど生涯親睦を深めたバルトークの作品と共に、ドホナーニの新たな一面をお聴かせできたら幸いです。昨年の浜松を回想しながら、この瞬間も私にとって新しい浜松で、音楽と真摯に向き合えるこの環境と皆様のご声援に、絶大な感謝と幸せを感じています。 ≪安並 貴史≫

幼い頃には憧れの存在であった浜松アクトシティのホールは、浜松国際コンクールでの多くの経験を経て、憧れの存在であることは決して変わりませんが、同時に、僕にとって特別な親しみを覚えるコンサート会場となりました。バッハ、ラヴェル、ラフマニノフ。敬愛する3人の作曲家が、比較的若い頃に作曲した3つの作品を通して、音楽の可愛らしさから壮大さまで幅広い魅力を感じて頂けるプログラムを今回ご用意しました。そして、素敵なホールとピアノの助けを借りて、僕自身もそのように存分に感じることが出来るのではないかと期待しています。 ≪務川 慧悟≫

PROFILE

安並 貴史 Takashi Yasunami
3歳よりピアノを始め、東京音楽大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ)を首席で修了。在学中、学内演奏会や卒業演奏会に抜擢出演。カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」、日本ピアノ調律師協会等、多数の演奏会に出演。2011年第13回日本演奏家コンクールピアノ部門で優勝、併せてヤマハ賞を受賞。2014年ドイツ・エンゲルスで開催された California International Music Festivalに参加。2015年「サントリーホール デビューコンサート2015」に出演。2017年第1回Shigeru Kawai国際ピアノコンクールでファイナリスト入賞。イタリア・レザで開催された Villa Sandra Piano Academyに参加。2018年第7回野島稔・よこすかピアノコンクール優勝。第10回浜松国際ピアノコンクールで第6位を受賞。ロシア・モスクワでは「日本の心」と題した邦人作品の演奏会に参加し好評を博す。ソロや伴奏、室内楽を中心に演奏活動を行う傍ら、大学院ティーチングアシスタントやピアノ講師、学校訪問など各地で後進の育成にもあたっている。現在、東京音楽大学大学院博士後期課程2年に特待生として在学中。ピアノを石井克典、ファルカシュ・ガーボルの各氏に師事。E.v.ドホナーニの楽曲を研究し、演奏を通して普及する活動を行う。2019年秋頃にデビューCDを発売予定。

務川 慧悟 Keigo Mukawa
東京藝術大学1年在学中の2012年、第81回日本音楽コンクール第1位受賞を機に本格的な演奏活動を始める。2014年パリ国立高等音楽院に審査員満場一致の首席で合格し渡仏。現在、パリ国立高等音楽院第2課程ピアノ科、室内楽科にて研鑽を積む。2015年エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位。2016年イル・ド・フランス国際ピアノコンクール(フランス)第2位。コープ・ミュージック・アワード国際コンクール(イタリア)第1位、併せて各部門優勝者によるファイナルにて聴衆賞を受賞。2018年秋に開催された第10回浜松国際ピアノコンクールにおいて第5位を受賞。2017年シャネル・ピグマリオン・デイズのアーティストに選出され「ラヴェルピアノ作品全曲演奏」をテーマに6回のリサイタルを開催。これまでに、日本各地、スイス、上海、ラトビアにてリサイタルを開催のほか、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア、セントラル愛知交響楽団、愛知室内オーケストラ、中部フィルハーモニー交響楽団、ロレーヌ国立管弦楽団と共演。室内楽においては、チェロの木越洋氏、長谷川陽子氏、ヴァイオリンの篠崎史紀氏、大谷康子氏、等と共演。日本、ヨーロッパを拠点に幅広く演奏活動を行うと共に、「ピアノの本」において留学記、ヤマハHPにてコラムを連載するなど多方面で活動している。2012.13.14年度ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生。2015・16年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。2017年度公益財団法人江副記念財団奨学生。現在、フランク・ブラレイ、上田晴子、ジャン・シュレム、横山幸雄の各氏に師事。

主催:株式会社 河合楽器製作所
企画・制作:カワイ音楽振興会
後援:浜松市、公益財団法人 浜松市文化振興財団、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送、一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会
お問い合わせ:カワイ浜松 053-455-0638(10:00〜18:00 月曜定休)
チケット前売り所:
カワイ浜松 053-455-0638
カワイ音楽教室 浜松駅前センター 053-454-6052
アクトシティ浜松 チケットセンター(アクトシティ地下1階 10:00〜19:00 ※お電話でのご予約は承っておりません)

 ホーム(ニュース) > カワイコンサート > カワイコンサート2019 > 安並 貴史 & 務川 慧悟 ピアノ・ジョイントリサイタル