トップページ

コンサート情報

トピックス

概要

KMFミュージックフレンズ

CDメディア

リンク

 ホーム(ニュース) > コンサート情報 > 2018年 > 圓谷 綾乃 ピアノリサイタル

日本ショパン協会 第285回例会
圓谷 綾乃 ピアノリサイタル
《日本ショパン協会パウゼシリーズ Vol.39》

2018年9月7日(金)開演 18:30 (開場 18:00)
会場:
カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」
全自由席 3,000円 ※KMF会員特典あり 

 

 

PROGRAM

リスト:
愛の夢 第3番 -3つのノクターンより
バラード 第2番 ロ短調 S.171
巡礼の年 第2年補遺 「ヴェネツィアとナポリ」

ショパン:
ノクターン 第13番 ハ短調 作品48-1
ポロネーズ 第6番 変イ長調 「英雄」 作品53
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58

※曲目が変更になる場合がございます。

〜プログラムに寄せて〜

“ピアノの詩人”と称されたショパンと“ピアノの魔術師”と称されたリスト。 年が近く、友人同士でもあったこの二人の作曲家の性格は対照的で、音楽においてもそれぞれ全く違った性質や特徴が見られます。今回、そんな二人のそれぞれの個性や雰囲気を皆様に感じて頂き、また楽しんで頂ければ思っております。

圓谷綾乃

PROFILE

圓谷 綾乃(えんたにあやの)
2009年、東京芸術大学を卒業後、渡独。シュトゥットガルト音楽演劇大学大学院を特別賞付き最高点にて卒業。その後、マンハイム音楽演劇大学国家演奏家資格コースにてさらなる研鑽を重ね、卒業時にはバーデンバーデン交響楽団と共演。2015年秋に活動拠点を日本に移す。ショパン国際ピアノコンクールin Asiaや、ウィーン音楽祭コンクール、アルフレッド・シュニトケ・アカデミー国際ピアノコンクールなど、国内外のコンクールで入賞。ピアノを錦戸糸子、日比谷友妃子、迫昭嘉、アンジェイ・ラトゥシンスキー、ロベルト・ベンツ各氏に師事。ヴィタリー・マルグリス、ピオトル・パレチニ、パスカル・ロジェ各氏らのマスタークラスを受講。これまでに、東京、ウィーン、ミラノ、またドイツ各地にてリサイタルを開催し、好評を博す。マンハイム(ドイツ)でのリサイタルでは、現地の新聞“マンハイマー・モルゲン”に「彼女は、精密に使い分けられる音色とタッチ、そしてしっかりと歌われるカンタービレにより、生き生きとした音楽を奏でた。」と評される。北京や雲南省西双版納などで中日友好協会の音楽会に出演、またフランクフルト・ミュージックフェアで電子ピアノのデモンストレーターを務めるなど、帰国後も国内外で演奏活動を行う傍ら、音楽の楽しさや面白さをより多くの人に伝えるため、幅広い世代への指導にも力を入れている。

主催/日本ショパン協会 Tel. 03-6718-4239
協賛/(株)河合楽器製作所、 (株)全音楽譜出版社、 (株)学研ホールディングス
後援/ポーランド共和国大使館、ポーランド広報文化センター、公益社団法人 日本演奏連盟
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)、成城ミュージックアカデミー、東京藝術大学音楽学部同声会 

前売所/カワイ表参道 Tel.03-3409-2511

 ホーム(ニュース) > コンサート情報 > 2018年 > 圓谷 綾乃 ピアノリサイタル