トップページ

コンサート情報

トピックス

概要

KMFミュージックフレンズ

CDメディア

リンク

 ホーム(ニュース) > コンサート情報 > 2018年 > 吉兼 加奈子 ピアノリサイタル

日本ショパン協会 第282回例会
吉兼 加奈子 ピアノリサイタル
《日本ショパン協会パウゼシリーズ Vol.36》
2018年3月10日(土) 開演 18:30 (開場 18:00)
会場:
カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」
全自由席 3,000円 ※KMF会員特典あり 
完売御礼 

 

 

PROGRAM

ベートーヴェン:
  ピアノ・ソナタ 第6番 ヘ長調 作品10-2

ショパン:
  スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39
  スケルツォ 第4番 ホ長調 作品54

シューベルト:
  ピアノ・ソナタ 第21番 変ロ長調 D.960

※曲目・曲順が変更になる場合がございます。

〜プログラムに寄せて〜

前半はショパンの作品の中でも大変人気の高い「スケルツォ」とベートーヴェンの初期の作品に垣間見れるおどけたような愛らしい“スケルツォ”な作品を、後半には私がオーストリアに留学して虜になったシューベルトの最後のソナタを演奏します。ショパンが弟子たちに「優れた歌を聞きなさい」と言っていたのは有名な話で、今回は歌曲の王シューベルトの音楽をピアノという楽器で“言葉のない歌”として届けられる時間にしたいと思います。

吉兼加奈子

PROFILE

吉兼 加奈子
桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを経て、オーストリア国立ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学の学士課程を審査員満場一致の最優秀で卒業し、ウィーン国立音楽大学にて学ぶ。 2014 年モロッコ王妃国際ピアノコンクールエクセレンス部門審査員満場一致の優勝(モロッコ)、2015 年第2回ギャニー国際ピアノコンクール第3位(フランス)、アイローラ・プレミオ・モスカート国際コンクール第2位(イタリア)。これまでに日本各地他、ザルツブルク、ウィーン、ゲラス、ベルリン、ワイマール、エッセン、パリなど国内外で演奏活動を行う。2013 年にはドイツのレコード会社 MDG よりリリースされた「Hexameron」プロジェクトに参加し各地で好評を博す。同年 8 月にはパデレフスキー・ ピアノアカデミーに参加しトルンシンフォニーオーケストラとベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を共演。これまでに有賀三江子、有賀和子、岡本卓子、岡本美智子、クラウディウス・タンスキ、クリストファー・ヒンターフーバー各氏に師事。 ソロでの演奏活動に加え、近年では室内楽、リート伴奏など他の分野でも活動し、2014 年にはザルツブルク室内楽フェスティバルにて好演した他、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、ミヒャエル・シェーンヴァント指揮による定期公演にてリヒャルト・シュトラウス「町人貴族」のピアノパートを演奏。2016 年にはオーストリアのラフニッツ室内楽フェスティバルにて、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター、ライナー・ホーネック、クラリネット首席奏者マティアス・ショルン、そしてオーストリアを代表する若手ピアニストのクリストファー・ヒンターフーバー各氏とともに出演し好評を博す。

主催/日本ショパン協会 Tel. 03-6718-4239
協賛/(株)河合楽器製作所 (株)全音楽譜出版社 (株)学研ホールディングス
後援/ポーランド共和国大使館 ポーランド広報文化センター
前売所/カワイ表参道 03-3409-2511

※ パウゼシリーズは、日本ショパン協会がより多くの才能あるピアニストに演奏機会を提供することを目的としたコンサートです。

 ホーム(ニュース) > コンサート情報 > 2018年 > 吉兼 加奈子 ピアノリサイタル