トップページ

コンサート情報

トピックス

概要

KMFミュージックフレンズ

CDメディア

リンク

 ホーム(ニュース) > コンサート情報 > 2017年 > 菊池 文子 ピアノリサイタル

日本ショパン協会 第280回例会
菊池 文子 ピアノリサイタル
《日本ショパン協会パウゼシリーズ Vol.34》
2017年12月1日(金) 開場18:00 開演18:30
会場:
カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」
全自由席 3,000円 ※KMF会員特典あり
 完売御礼 好評のうち終了いたしました。

 

 

PROGRAM

シマノフスキ:4つの練習曲 作品4
ラフマニノフ:
幻想的小品集 作品3より 第2曲 前奏曲 嬰ハ短調 「鐘」
13の前奏曲 作品32より
第1曲 ハ長調 第3曲 ホ長調 第5曲 ト長調 第10曲 ロ短調
ショパン : 
ワルツ第2番 変イ長調 作品34-1 「華麗なる円舞曲」
ワルツ第6番 変ニ長調 作品64-1 「小犬」
ノクターン第13番 ハ短調 作品48-1
ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53 「英雄」
ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品35 「葬送」

※曲目・曲順が変更になる場合がございます。

【プログラムに寄せて】

世界中から愛されているショパンの名曲とポーランドの巨匠シマノフスキ、ロシアの哀愁漂うラフマニノフの作品を演奏いたします。ショパンとの共通点や相違点を共感していただけたら幸いです。音楽が皆様の喜びや癒しとなりますように・・

菊池文子

PROFILE

菊池 文子 Ayako Kikuchi
東京音楽大学付属高校、東京音楽大学(ピアノ演奏家コース)を優秀な成績で卒業し、同大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域(ピアノ)修了。在学中、短期留学奨学金を得てドイツ・ハノーファー音楽・演劇大学に留学し、B.ゲツケに師事する。これまでにピアノを居石聡子、播本枝未子、倉沢仁子各氏に師事。また、E.デームス、S.ネークレベルク、P.ドゥヴァイヨン、E.ルサージュ、G.ミショリ、故F.マッシンガー、清水和音などの著名ピアニストからの指導を受ける。2001年、第一回弥生の里ジュニアピアノコンクールにて小学生の部、第二位及びRKB毎日放送賞。2008年、第17回ちば音楽コンクールにて大学生・一般の部、一位。2010年、Asia International Piano Academy & Festival Competition in KOREA 金賞。2012年、第36回ピティナピアノコンペティション特級全国決勝大会入選。2013年、第13回日本ピアノコンクール入選。2015年、第9回フレッシュ横浜音楽コンクール一般S部門、金賞及び審査員特別賞。その他、多数受賞。また、ソリストとして九州交響楽団、ちば室内管弦楽団と共演。2014年、2015年、東京芸術センターにてソロリサイタルを開催し、好評を博す。又、東京音楽大学千葉県支部新人演奏会、日本財団ランチタイムコンサート、ピティナ学校クラスコンサート、六本木ヒルズクラブコンサート、ベルギー王立美術館解説者 森 耕治先生との名画コンサートなど多数の演奏会に出演。現在、ピアニスト、指導者、コンクール審査員として活躍。小田急デパート新宿店マンハッタンヒルズコンサートレギュラー出演。浦安文化会館登録アーティスト。全日本ピアノ指導者協会会員。

主催/日本ショパン協会 Tel. 03-6718-4239  
協賛/(株)河合楽器製作所 (株)全音楽譜出版社 (株)学研ホールディングス
後援/ポーランド共和国大使館 ポーランド広報文化センター
前売所/カワイ表参道 03-3409-2511

※ パウゼシリーズは、日本ショパン協会がより多くの才能あるピアニストに演奏機会を提供することを目的としたコンサートです。

 ホーム(ニュース) > コンサート情報 > 2017年 > 菊池 文子 ピアノリサイタル